障害者身だしなみ|働く前に知っておきたい身だしなみの整え方

公開日: : 最終更新日:2014/06/26 就職活動

3ef2e6bf54f7c60b4e87597e81e59932

清潔に身だしなみを整えることは、面接のみならず会社で働くためのマナーとしてとても重要なことです。

 

今回は会社で働くために大切な身だしなみの整え方について、紹介していきたいと思います。

 

一般の方も、障がいのある方も同じように、清潔に身だしなみを整えておかないと、職場内でのトラブルにつながる可能性が高くなります。

 

たとえば、仕事着を何日も洗濯しないで着ていると悪臭が漂ってきますので、相手に不快な気持ちを抱かせてしまいます。

 

また、髪の毛やヒゲなどが伸びているとだらしなく思われるため、周りの方に距離を置かれてしまうこともあります。

 

洋服に関しても、破れや汚れのある物を気にせず着ていると、会社での評価を自ら下げることになってしまいます。

 

評価が下がるということは、誰からも信頼されなくなりますし、人間関係も築けなくなってしまいます。

 

ですから、毎日清潔に身だしなみを整えておくことで、周りの方とコミュニケーションを図ることができますし、職場以外で出会う方とも自然に関わることができます。

 

会社では、多くの従業員と一緒に働いていますので、毎日きちんとした身だしなみを整えることができるように意識して取り組んでいきましょう。

 

それでは、働くなかで清潔に身だしなみを整えるためのポイントを紹介していきます。

 

【朝】会社へ行く前に確認しておかないと損すること

洗顔

朝起きたらまずはじめに、洗面所へ行って顔を洗いましょう。洗顔をしていないと、目やにやホコリなど汚れがついたままになりますので、とても不衛生に見られます。その他、洗顔をすることで、眠気を取り除き目もパッチリと覚めていきます。

これから仕事や活動するときに、気持ちを切り替えるためにも大切なことですから、朝起きたら洗顔することを習慣づけましょう。

 

鼻毛

鼻毛が出ていないかを鏡の前で確認しましょう。鼻毛が出ていると、周りの方からみっともないと思われてしまいます。お客様の対応をする仕事などに携わっているのであればなおさらです。

鼻毛が出ていないかは、洗顔のときと一緒に鏡でしっかりと確認しておきましょう。確認するときのポイントとして、口を開けた状態で上の歯と下の歯をひっつけたときに鼻毛が出ていなければベストです。

 

眉毛

眉毛がボサボサに伸びきっていると、鼻毛と同じで周りの方からみっともないと思われてしまいます。眉毛専用のハサミとクシを使って、左右の眉毛をきちんと整えておきましょう。

眉毛の下に毛が生えているのであれば、眉毛専用のカミソリを使えば安全ですので、きちんと剃っておきましょう。

 

ヒゲ

男性の方は、ヒゲが伸びすぎていないか、剃り残しがないかを確認しましょう。ヒゲが伸びすぎていると、周りの方に不衛生に思われてしまいます。

また、ヒゲの剃り残しは、だらしないという印象を受けますので、ヒゲを剃るときは最後までしっかりと剃っていきましょう。ヒゲを剃るときは、T字カミソリを使うのが手っ取り早いですが、肌が弱い方は電動のヒゲソリだと肌が荒れなくてすみます。

 

歯磨き

朝の歯磨きを行いましょう。朝食後でもいいですし、朝起きてからでもいいので、会社へ行く前に歯はきちんと磨いておくことが大切です。

歯を磨いていないと、歯が黄ばんできますし、食べかすなどがあると口の中から嫌なニオイが漂ってきます。相手とコミュニケーションを図るときのエチケットマナーとして歯磨きは大切なことですので、きちんと行いましょう。

 

頭髪

寝グセがついていないかを鏡の前で確認しましょう。寝グセ以外にも、髪の毛にフケやホコリなどがついていると不衛生に見られてしまいます。

フケやホコリなどがついているときは、クシを使って髪の毛をとかすことで汚れを落とすことができます。朝起きて顔を洗うときに、頭髪も一緒に確認しておきましょう。

 

洋服・制服

仕事へ行く前の洋服や仕事の制服は、きちんと洗濯したものを着ましょう。1日着た洋服・制服というのは、汚れがついていますし服もヨレヨレになっていてみっともないと思われます。

また洗濯もしないで着ていると、洋服・制服から悪臭が漂ってきますので、周りの方が非常に迷惑をしてしまいます。仕事が終わり自宅に帰ってきたら、まずは着たものを洗濯するという習慣を身につけましょう。

そのほか洋服に関して、季節に応じた服装を行いましょう。極端な話になりますが、たとえば真冬の寒いときにTシャツ1枚で外に出ることは避けてください。

気持ちは寒くなくても、体は寒いと感じていますから体調を崩してしまいます。風邪などを引いて会社を休むことになれば、周りの方に迷惑をかけてしまいます。着るものはきちんと選び温度調整を行っていきましょう。

 

手足の爪

手足の爪が伸びすぎていないか、汚れていないかを確認しましょう。手足の爪が伸びすぎていたり、汚れていたりすると、周りの方から不衛生に思われてしまいます。

手の爪が伸びすぎていると、仕事によっては大事な商品を傷つけてしまったという状況もうまれてきます。足の爪は周りの方に見えない部分ですが、爪が割れたりするなどケガの原因になることも十分ありえますので気をつけましょう。

朝、手足の爪を切る時間がないのであれば、夕方などの時間帯に爪を切るなどして事前に整えておきましょう。

 

【夕方】会社から帰ってきたときに確認しないと損すること

お風呂

1日働いていた体は汚れていますので、会社から帰ってきたらお風呂に入りましょう。冬は汗をかかないからといって、体が汚れていないと思うのは間違えです。

当たり前だと思いますが、毎日お風呂に入って体の清潔を保ちましょう。お風呂に入る時間を決めておくと、お風呂に入り忘れることもなくなります。

 

洗髪

お風呂に入ったときは、洗髪を行いましょう。お風呂に入ったはいいものの、洗髪をしていない方がなかにはいらっしゃいます。洗髪をしていないと、頭皮からも嫌なニオイが漂ってきますから、きちんと髪は洗っておきましょう。

朝フケなどが多くついている原因として、シャンプーが頭髪に合っていないことが考えられます。また、寝ている布団にも汚れがたくさんついていますから、定期的に干すなどして清潔を保っておきましょう。

 

耳の中

お風呂から上がったときに、耳の中を掃除しましょう。耳の中が汚れていると、相手の話し声が聞き取りにくくなります。

仕事の大事な話を聞き逃してしまいますし、相手からの指示も聞き取りにくくなるため、仕事での失敗につながることもあります。ですので、耳の中はしっかりと清潔に保っておきましょう。

自分で耳の中を掃除するときは、綿棒を使うとキレイに汚れを取ることができます。耳の中を掃除するときは、お風呂上がりに行うと汚れが取れやすくなります。

朝、耳の掃除を行う時間もないと思いますので、夕方のお風呂上がりにでも耳の中の掃除を行っておきましょう。

<障害者で確実に就職を目指したい方はこちらがおすすめ!>

<障害を強みにして就職したい方はこちらがおすすめ!>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

136205350753613105953

一般求人と障害者求人の違いについて!

ハローワークで求人を探すときに、パソコンの画面上に「求人情報からさがす」や「障害者求人」などを選

記事を読む

stk32318bme

精神障害者が面接でよく聞かれる5つの質問と回答例

これから面接を控えている人が一番知りたい情報は、面接官からの質問内容だと思います。 &nb

記事を読む

Busy Businessman

履歴書自己PRの書き方と例文

履歴書で自己PRを書くときに、会社の志望動機と同じように手が止まることはありませんか。

記事を読む

ozp86_kuso-yarareta500

面接採用|面接官が採用したいと思う5つのポイント!

面接を受けては落ちての繰り返しで、気がつけば今回で27回目の不採用通知。 &nbs

記事を読む

2724e3e5216406d0fa8314efe14dcb88

就職できない言い訳を考えることよりもやるべきたった2つのこと!

いつしか日本は就職難やら・・・就職氷河期やら・・・不況やら・・・と、就職すること自体が難しい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑