30年以上○○を続けたら全く風邪を引かなくなった話

公開日: : 健康管理, 生活

マスク女性
風邪を引いてしまい体調が優れないと、仕事に集中できずに業務も思い通りに進みませんよね。

 

健康管理は大切とわかっていても、仕事が忙しくてできないと諦めていませんか?

 

前回、健康管理には睡眠、食事、運動の3つは大切であることを「健康管理も仕事のうち!?そのワケとは?」の記事で紹介しました。

 

この記事では私の体験談も含めて、健康管理も仕事のうちであることを書いていますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

 

若い頃はあんなに体力や元気があったのに、歳を重ねるたびに年々免疫力が落ちて風邪にかかりやすくなってしまったと嘆いている人は多いです。

 

健康管理には歳の若さなんて関係ありません。

 

30年以上もあることを続けていたことで、全く風邪を引かなくなったという双極性障害を患わっている50代男性の方から貴重な話を伺いました。

 

健康のステータスは一人ひとり異なるかと思いますが、これを毎日行うことで風邪を引くリスクは十分減らせることができます。

 

そのあることですが、その答えはあまりにも単純すぎてずいぶん前から言われていたことですので、今さらっと思って拍子抜けしないでくださいね。

 

むしろ風邪をよく引いてしまう人ほど、実践できていない証拠ですからこれからは意識して取り組むようにしましょう。

 

ではその気になる風邪の予防方法ですが、双極性障害を患わっている50代男性の方が30年以上も続けたのは「うがい・手洗い」です。

 

小学生の頃、自宅に帰ると親から「うがい・手洗い」をしなさいと嫌というほど聞いてきたことだと思います。

 

しかし大人になるにつれて親から言われなくなると、いつの間にか自宅に帰ってもうがいや手洗いをやらなくなる人がほとんどです。

 

めんどくさい、忙しいと理由をつけて、こんなに自宅で簡単にできることでさえ行わなくなるのは意識が低くなっているからです。

 

それと人は身に危険が迫ってからでないと行動を起こさない傾向にあります。

 

風邪気味になってからうがいや手洗いを始める方は、この傾向に当てはまります。

 

風邪気味になってからうがいや手洗いを始めても、もう手遅れなのは否めません。

 

風邪を引いてしまったとしても、病院へ行ってお薬をもらえばいいと考えるのではなく、うがいや手洗いをして未然に風邪を防ぐことのほうが何十倍も大切です。

 

継続は力なり」ということわざがあるように、美容や健康、資格の取得、受験勉強、作業スキルなど何事においても続けていくことで物事を達成することができるのです。

 

どんな小さなことでも地道に取り組むことで、大きな成果を得ることができます。

 

健康に関してもうがいや手洗いを毎日続ければ風邪を引かないようになりますので、ぜひこれから仕事や遊びで自宅に帰ったあとは、「うがい・手洗い」を意識して取り組んでみてください。

<障害者で確実に就職を目指したい方はこちらがおすすめ!>

<障害を強みにして就職したい方はこちらがおすすめ!>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

9f5b96df53f506b6b0ff2f2b60d663eb

健康管理も仕事のうち!?そのワケとは?

健康管理も仕事のうちとよく言われますが、それはどうしてなのか?   それは

記事を読む

K0000416737

生活リズムを改善する5つの方法|規則正しい生活を手に入れるために

自宅で過ごす時間が長く昼夜逆転してる方で、働きたいけど生活リズムが乱れていると悩む声を多く聞きま

記事を読む

PIC-20140324085933

服薬管理ができて当たり前?企業が抱く6つの不安

薬の副作用というリスクを背負いながらも、日々を過ごしている精神障害者は多い。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑